カラー複合機の選び方のヒント

カラー複合機の選び方のヒント

カラー複合機をオフィスに導入しようと決断したものの、いざ購入するとなると様々な種類のカラー複合機が市場に出回っており、どれを買うべきか分からない。そんな方もいらっしゃると思います。

たしかに、価格でみると数千円~数十万円と幅が広く、機能も、単純なものから企業向けの高性能カラー複合機まであります。そこで今回は、カラー複合機の選び方について、機能とコストの両面から説明します。実際に購入する際のヒントとしてぜひ参考にご覧ください。

目次

1.機能面から選ぶ

機能面から選ぶ
カラー複合機の選び方を考えるとき、機能の面は欠かせません。現在市販されているカラー複合機は、一般に以下の4つの機能を複合的に備えています。

  1. コピー
  2. プリンター
  3. スキャナー
  4. FAX

コピー・プリンターの印刷方式としては、一般にインクジェット式とレーザー式があります。インクジェット式は、色の再現性が高いという特長があります。ただし、インクカートリッジの交換が頻繁に必要なことが欠点です。一方、レーザー式の複合機の性能面での特長は、印刷速度が速いことです。

また、例えばキャノンやリコーなど大手のカラー複合機業者は、法人を対象として電子化(ペーパーレス化)に力を入れています。文書やFAXを紙に印刷するのではなく、データに変換してオフィスのPCに送信する、あるいは複合機自体に保存するということも可能なカラー複合機が販売されています。

近年ではさらに多様性が増しており、各社の製品に様々な追加機能が備えられています。例えば以下のような機能を搭載しているカラー複合機があります。

  • ポスターなども作成できる広幅用紙に対応
  • 印刷や製本が可能な機能
  • セキュリティ機能やクラウドとの連携機能
  • 文書の翻訳機能

特に最後の2つの機能は、近年のキーワードとなっています。現在のカラー複合機は、上記のペーパーレスの流れを中心として、クラウドやモバイル機器との連携が進んでいくと考えられます。

今後、業務の電子化は企業にとってますます重要となります。また、国際化に伴い、外国語の文書を受け取ったり送ったりする機会も多くなるでしょう。

翻訳をアウトソーシングする手間を考えると、グローバル化を目指す企業にとっては翻訳機能付きの複合機はかなり魅力的です。カラー複合機の多機能性が会社発展の大きな助けとなることは疑いの余地はありません。

カラー複合機を導入する際には、オフィスでどのような機能が必要であるか、また今後活用できる機能はあるかなどを考慮したうえで購入しましょう。

2.コスト面から選ぶ

コスト面から選ぶ
カラー複合機の価格はピンキリといえます。例えば、家庭用で使うような最低限の機能だけを備えるものであれば、数千円で購入できます。一般に、安価なカラー複合機はインクジェット式であることが多いです。

インクジェット式には、本体価格が安く、消費電力も少なくてすむという利点がありますが、インクカートリッジの交換費用がかかります。一方、レーザー式の複合機は、本体の価格は高めですが、インク交換の必要性は少ないです。大量印刷をする場合はインクジェット式よりも印刷コストが割安になります

高価なカラー複合機の一例を挙げると、OKIの「COREFIDO3」シリーズです。価格が20万円以上しますが、カラー高速印刷・両面スキャンなどにも対応しており、またトラブルやメンテナンスをクラウド上でサポートしてくれます。

多くの性能を複合して備えている機器は、そのぶんメンテナンスも難しく、購入者が修理できないことがよくあります。ビジネスの現場では、消耗品の交換の手間やトラブルの際の時間や費用のロスは業務に不利益ですよね。

そのようないわゆる「ダウンタイム」を削減してくれるサポートの充実さも価格に含まれていると考えると、高価なカラー複合機の購入も損ではないことがわかると思います。

コピー機、プリンター、FAXなどを個別に購入するとなると費用もかさみ、それぞれのメンテナンスも必要となりますが、カラー複合機を一台導入すればすべてをひとまとめで運用できます。初期コストが高く思えるかもしれませんが、それだけの価値はあるでしょう

以上見てきたとおり、カラー複合機の選び方で悩んだときには、コスト面では、初期導入費用だけでなく導入後のメンテナンス費用まで含めて考慮することが重要です。

3.カラー複合機の選び方のまとめ

以上、機能面とコスト面から、カラー複合機の選び方をご紹介しました。

様々な機能があるなかで、自社の今後の業務にとってどれが重要になるのかを考えることで、どの複合機を選べばよいかが見えてくると思います。予算については、購入時の出費だけでなく、カラー複合機を導入して利用していく中でのメンテナンス費や修理費も考慮して選ぶとよいでしょう。

用途にふさわしいカラー複合機を購入して業務の効率化を図れれば理想ですね。