カラー複合機の法定耐用年数と寿命の関係

カラー複合機の法定耐用年数と寿命の関係

カラー複合機を使用するときにはどの程度の寿命があるのかが気にかかることがよくあります。その指標として役に立つのが法定耐用年数ですが、どのような意味を持っているのでしょうか。

カラー複合機の寿命との関係について理解すると共に、実際の耐用年数がどの程度になるかを見積もれるようにしましょう。リース契約をするときにも重要になるポイントなので、カラー複合機の導入を考えているときには押さえておくと役に立ちます。

目次

1.カラー複合機の法定耐用年数と寿命

カラー複合機の法定耐用年数と寿命
カラー複合機の耐用年数は法律によって定められた数値があります。カラー複合機は資産として認められているため、法定耐用年数が定められているからです。法定耐用年数として定められているのが5年であり、減価償却について考えるときには新品で手に入れたら5年間かけて償却していくことになります。

しかし、必ずしも法定耐用年数は寿命と完全に一致するわけではありません。使用頻度によってカラー複合機の劣化の仕方が異なるため、毎日ほぼ休まずに稼働していればもっと寿命は短くなります。

逆にほとんど使用していない場合には寿命が長くなりますが、ゴムやプラスチックなどは自然に劣化する部分もあるので永遠に使い続けられるわけでもありません。

カラー複合機に使われている素材の品質が向上してきたことから通常の使用をしている限りはどれだけ使ったかによって寿命が左右されるのが一般的です。そのため、メーカーとしても寿命については総印刷枚数で示すことが多くなり、およそ300万枚が指標としてよく用いられています

5年間という法定耐用年数もこれに基いて考えられているものであり、1年間で60万枚なので1ヶ月にすると5000枚です。1ヶ月が約30日とすると1日あたり166枚程度になりますが、土日が休みであることも考慮すると1ヶ月は25日程度なので1日あたり200枚となります。

オフィスでの印刷枚数としては妥当な数値と言えるでしょう。ペーパーレス化を進めている企業やSOHOなどの場合にはこれほどの枚数にならない場合もありますが、印刷物を頻繁に利用している企業や規模の大きな企業では一台あたりの枚数はもっと多くなります。その全体を平均して考えておよそ5年というのが法定耐用年数となっているのが現状です。

2.カラー複合機の耐用年数から考える導入と運用

カラー複合機の耐用年数から考える導入と運用
耐用年数から考えるとカラー複合機をおよそどの程度の頻度で入れ替えなければならないかがわかります。50万円の複合機を購入したとしたら年間コストに分散して考えると10万円が必要になっていると考えることが可能です。

このような視点からカラー複合機の導入方法について検討できます。複合機の導入方法として購入、リース、レンタルの三つの方法が代表的です。購入は一度の出費によって資産としてカラー複合機を導入できる方法であり、その後は減価償却費を算入して節税することができます。

しかし、耐用年数が切れたときには減価償却費はなくなり、使えなくなった時点で買い替えをする必要が生じるので気をつけなければなりません。使用頻度があまりにも多いときには減価償却を終えられないまま手放すことになる可能性もありますが、あまりに使わない場合にも減価償却費を算入できないのに所有し続けることになりかねないのです。

リースの場合には毎月費用がかかるものの、買い替えについては考える必要がありません。法定耐用年数の前後にあたる3年から6年程度のリース期間が定められていて、期間が切れたらそのカラー複合機は引き取ってもらうことができます

そして、リース契約を継続する場合にはまた新しいカラー複合機を入れてもらえるので安心です。リース費用は必要経費に算入できるので減価償却はできなくとも適切に節税することはできます。レンタルの場合には基本的には短期間での使用になり、1日からでも導入可能です。

1日あたりの費用が高いのが問題ですが、故障したときには交換や修理によって対応してもらえるので耐用年数について意識する必要があまりありません。

一時的な導入に向いている方法として念頭に置いておくと良いでしょう。既にある複合機では役不足というときに一時的に増設する目的で活用するのに適しているのがレンタルです。レンタル料金についても必要経費になるので節税にも使えます。

3.カラー複合機の耐用年数についてのまとめ

カラー複合機は資産として認められているので法定耐用年数が定められています。5年という耐用年数は1日に200枚程度の印刷をするという計算をすると現在のカラー複合機の寿命とほぼ一致する値です。現場での運用の仕方によって耐用年数は変化するので気をつけなければなりません。

カラー複合機を導入するときには耐用年数について意識しつつ、運用の方針を考えた上で、購入、リース、レンタルのどの方法が良いかを考えることが大切です。