sohoでおすすめなカラー複合機

sohoでおすすめなカラー複合機

sohoで働くためにカラー複合機を導入したいと考えたらどのような機種を選んだら良いのでしょうか。ただ機種を選ぶだけでなく、導入の方法やメンテナンスの仕方についても考えることが重要になります。メーカーとの保守契約を結ぶかどうか、結ぶならどのような内容を選ぶべきかも考えておかなければなりません。

sohoでカラー複合機を導入するために必要な全知識を手に入れた上で自分の事業に合っているものを選び出しましょう。

目次

1.sohoに適したカラー複合機の特徴と機能

sohoに適したカラー複合機の特徴と機能
sohoの現場で使用するカラー複合機として最適なものは事業内容によって違います。しかし、概して印刷枚数はあまり多くはないケースが多く、事業利益があまり大きくはないことから積極的にコストを削減しなければならない場合がほとんどです。

印刷費用だけを考えるのではなく、カラー複合機を導入することによって総じてコストが下がるようにすることが重要になります。基本的には印刷にかかるコストを最小限にしつつ、一台で他のオフィス機器としての機能も発揮してもらえるように選ぶのが肝心です

コスト削減をするためには必要になった印刷物を全て扱えるようにカラー複合機を選ぶのが重要であり、ポスターやパンフレットなども印刷する予定であれば対応している機種を選ぶことが肝心です。写真を入れる可能性がある場合には画質にこだわりを持つ必要がありますが、イラストとテキストのみで良いという場合には画質は低めのものを選んだ方が購入コストもランニングコストも低めになります。

sohoではFAXやスキャナーとして使うことも多く、使用する端末もパソコンだけでなくスマホやタブレットを使用するケースも少なくありません。無線LANに対応していてどのデバイスからもアクセスしやすい複合機を選んでおくと仕事の効率が飛躍的に向上します。そして、オフィススペースを考えるとあまり大きなものは置けないということも珍しくありません。

最近の複合機は小型化が進んでいてプリンターサイズのものもあります。小さくても一通りの複合機としての機能を備えていて、印刷速度も十分に速い機種が増えてきているため、その中から使い勝手の良い機能が揃っているものを選び出すというのが基本方針として優れているでしょう。

ポスター印刷などをする場合にはフチなし印刷、A3サイズの印刷に対応しているものを選ぶのが賢明です。A3対応のものは購入単価が高いものが多いので、A4までしか使う予定がないというときにはA4限定かそれ以下のサイズにのみ対応している複合機を選びましょう。印刷コストについてはこのサイズのモデルではあまり大きな差はないため、過不足のない機能があることと、購入単価が低いことを重視するのがおすすめです。

2.保守契約についても考慮が大切

保守契約についても考慮が大切
sohoでカラー複合機を導入するときには保守契約についても検討するのが大切です。自分しか使わないからメンテナンスも自分で行うという方針を立てるのがコストパフォーマンスが良いと考えてしまう人もいます。

しかし、使用状況によってはメーカーと適切な保守契約を結んだ方が安上がりになり、さらに快適に使える可能性もあるので念頭に置いておきましょう。印刷媒体を大量に事業に使用するという場合にはカウンター保守を依頼した方が無難です

トナーの消費量が多いときにはカウンター保守の方が印刷コストが下がりやすいからであり、印刷に伴う本体の劣化に対しても適切にメンテナンスを行ってくれるので安心できます。印刷コストしかかからず、故障にもすぐに対応してくれるので魅力的な保守契約です。

一方、ほとんど印刷しないというときにはコピーキット保守が向いています。コピーキット保守はトナーの購入費用だけで最長5年間は故障に無償対応してもらうことができる保守契約です。これを利用すると故障したときに自分が労力をかけて修理する必要はなく、電話をかけるだけで速やかに無償で出張修理してもらえます

sohoをする上では自分が仕事に割ける時間を十分に確保することが重要なので、困ったときに気兼ねなく修理を任せられる状況を作っておくのが大切です。このような対策を立てておくのが事業を滞りなく展開していくのにつながるでしょう。

3.sohoにおすすめなカラー複合機のまとめ

sohoで使用するカラー複合機は事業内容によってどれを選ぶべきかが大きく異なります。小型化が進んでいるのでオフィススペースを無駄にしないものを選びやすい複合機を選びやすいのが現状です。

印刷コストは大差がなくなっているため、運用する上で必要な機能が備わっていて、購入単価が低いことを重視して選びましょう。印刷枚数がどの程度になるかを考慮して保守契約の検討もしておくとコスト削減をしつつ、安心して運用できる体制を整えられます。